就任祝いの胡蝶蘭の贈り方

就任祝い、というともちろんビジネス用が殆どです。そのため、きちんとした贈り方をしないと大変失礼なことになり、取り返しのつかない失態につながることもあります。

ではどんな贈り方が好ましいのか、それを紹介したいと思います。
就任祝いと言うとやはり花を贈るのが一般的です。ではどんな花を選べばいいのでしょうか?やはりこれも就任された役職によって種類が変わってくるようです。

社長や役員の就任祝いには胡蝶蘭を贈るのが好ましいでしょう。胡蝶蘭と言えばやはり高価なイメージがありますので相手にしても悪い気持ちになることはないでしょう。更にそのボリュームですが大体相場は4~5万円程度とのことです。高いものになると10万円を超えるものもあります。あまり安いものを選ぶと寂しい胡蝶蘭になりかねませんのでネット注文などの時は画像を確認するなどした方が良さそうです。

その他の役職の就任祝いであっても安い花を選ばなければ大丈夫だと思います。
また花屋さんに注文するときは、就任祝いの品であることと、贈る相手の役職などを伝えるのが大切です。花屋さんは就任祝いの花を贈るのには慣れていると思います。なので、花の色の種類や本数など、お任せしてしまった方が間違いはないと思います。

就任祝いの贈り方

http://gift-guide.jp/use/inauguration/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です