胡蝶蘭で開店祝い

開店祝いに贈られる花といえば、胡蝶蘭をイメージする方は多いと思います。
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」という意味があり、新しくお店を始められる方に贈るには意味合い、豪華さ共にぴったりの花です。
ではどのようにして胡蝶蘭を送ればよいのでしょうか。
まず送る時期ですが、当日に送ると植物ですので贈られた側も準備や配置などが大変なので、遅くとも開店する前日までに届くようにしておきましょう。
お値段は胡蝶蘭の種類にもよりますが1万円から5万円くらいまで幅広くあります。
贈る人との間柄を考えてふさわしいお値段の物を贈るようにしましょう。
相手が取引先などの場合は、それなりのお値段の物を用意した方が無難だと思います。
胡蝶蘭には木札を付けて贈る事が一般的ですので、相手の開店祝いに相応しい文面を選択します。
お祝いの言葉とともに贈り主の名が入った木札で気持ちを伝える事が出来ます。
それだけでもお祝いの気持ちが伝わりますが、直筆の手紙やメッセージカードも一緒に届くと嬉しいので、花屋さんと相談して付けてもらうのも良いと思います。

胡蝶蘭の色は白が多いと思いますが、ピンクなどもあります。
色に加えて大輪の数でお値段も上下しますので決められた予算の中でよりよい品質のものを選びたいところです。
胡蝶蘭は実際に見て選ぶのが難しければ、インターネットでも購入する事が出来ます。
やはり大輪の数が明記されていると思いますので色々見て回って安心できる店舗で注文する事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加